雛人形のしまい方

 

末永く大切な雛人形をお飾りいただくために、

「雛人形のしまい方」についてご紹介いたします。

 

 

〇まず準備として、手をよく洗ってください。

 

きれいな手で雛人形に触れることが、

雛人形を大切にするための基本的なマナーです。

(お買い求めいただいた時に、雛人形と一緒に付いてきた

 白い手袋をはめていただいても結構です)

 

 

 

1.お人形のお顔についたホコリを取り除きます。

 

 

雛人形のもち道具を取り外し、なくならないように注意してしまってください。

お顔にホコリが付いていたら、そっと息で吹き飛ばしてあげてください。

もし離れないホコリがあったら、きれいなティッシュペーパーや綿棒などを使って、

そっと拭き取ってあげます。

 

その際に、ホコリを手でつまんで取ろうとすることは、厳禁です!

人の手にはあぶら分があるので、せっかくのきれいなお顔にシミが付いたり、

汚れが付着する原因になります。

 

 

2.お顔の保護(面紙:めんがみ)をします。

 

きれいなティッシュペーパーを、雛人形のお顔の長さに合わせて

細長く折り曲げます。

それを雛人形のお顔にくるくると巻き付け、ティッシュペーパーの端を

セロテープで止めます。

(お届けの際にお人形の顔に巻かれていた白い薄紙を、

 そのままお使いいただいても構いません。)

 

 

3.毛ばたきで、お衣装のホコリを取り除きます。

 

 

お買い求めいただいた時に、雛人形と一緒にお箱の中に入っていた毛ばたきを

取り出し、その毛先で、そっとお衣装に付いたホコリをはたいてあげてください。

毛ばたきを使う時は、雛人形のお顔に保護(面紙)をしてからにしてください。

(毛ばたきが雛人形のお顔に触れると、かえってお顔を

 汚してしまうことがあります。)

 

 

4.白い袋に雛人形をしまいます。

 

 

雛人形が入っていた白い袋に、雛人形を入れてください。

その際に、防虫剤や防カビ剤を、袋の中には入れないでください。

(お衣装に直接薬品が触れると、お衣裳が変色してしまうことがあります。)

 

 

5.お箱に雛人形を収納します。

 

 

袋に入れた雛人形を、お箱の中にそっとお入れください。

次に、雛人形とお箱の間に、詰め紙を入れます。

お箱の中でガタガタと雛人形が動かない程度に、

ふわっと丸めた紙をすき間に少し詰めるだけで結構です。

この時にお使いになる紙は、新聞紙のように活字のインクで

雛人形が汚れてしまうような物でなければ、何でも大丈夫です。

 

 

6.防虫剤を入れます。

 

 

最後に、箱の隅に、ひと包みだけ防虫剤を入れてください。

(人形専用の、防虫剤と調湿剤の併用がおすすめです。)

この時に、多種類の薬品を混ぜてお使いにならないでください。

化学反応を起こして、雛人形のお顔やお衣装が変色してしまう場合があります。

 

 

7.保管場所について

 

 

湿気の少ない場所に保管してください。

また、年に一度(十月頃の湿度が低い晴れた日)風通しの良い場所で

虫干しをしていただきますと、良い状態で長くお飾りいただけます。

(虫干しの際は、直射日光はお避け下さい。

 変色等の原因となる場合がございます)。

虫干し後は、埃を落としてからおしまいください。

 

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。