五月人形のお下がりはダメ?!お父さんやお兄ちゃんのお古を使わない理由

男の子が生まれたら、購入を考えることの多い五月人形。お値段や飾るスペースの関係から、「お父さんやお兄ちゃんのお下がりをあげよう」とお考えの方もいるのではないでしょうか。しかし、五月人形の本来の意味合いを考えると、実はお下がりはあまり望ましくありません。この記事では、お下がりの五月人形が望ましくない理由や、次男以降の五月人形の必要性、2つ目以降の五月人形を選ぶ際のおすすめポイントやふらここのおすすめの五月人形をご紹介します。

五月人形のお下がりは避けたい。「身代わり」「厄除け」の意味があるため

五月人形は基本的に1人1体ずつ新しく買って用意するのが望ましいと言われています。お父さんやお兄ちゃんのお下がりをそのままあげよう、とお考えの方もいらっしゃいますが、五月人形の役目はお子さんの健やかな成長を見守ることだけではありません。五月人形にはそのお子さんの「厄を引き受ける」「身代わりになる」という意味合いがあることから、代をまたいでお下がりを使うのは、望ましくないのです。

五月人形は、ある中国の故事が由来で「身代わり」としての役目を持ったと言われています。春秋戦国時代の中国では、とある政治家を供養するために5月5日を祭りの日としました。それが徐々に病気や災厄を避ける行事となり、その文化が日本に伝わってくる中で、5月5日に飾る五月人形は「身代わり」という役目を持つようになったのです。

この五月人形の成り立ちについては「こどもの日(端午の節句)の歴史は中国から?お祝い方法の意味も解説」の記事でもご紹介していますので、気になる人はぜひ読んでみてくださいね。

次男・三男にも五月人形は必要!現代日本の「戦争」から身を守るため

このように、五月人形は「身代わり」「厄除け」といった意味合いが強いため、一家に1体ではなく、次男・三男にも1体ずつ五月人形を用意することが望ましいといわれています。

ただし、兜飾りや鎧飾りの場合、「戦いから身を守るという意味は現代ではないし、お下がりでもよいのでは?」と思う人もいるかもしれません。

確かに当時のような戦乱はありませんが、現代日本には代わりに「受験戦争」「就職戦争」が生まれ、その後の人生を左右する大事な「戦い」となっています。こうした現代の「戦い」をうまく乗り切るためにも、五月人形は1人1体用意してあげるとよいでしょう。

コンパクトなものでもOK!2体目以降の五月人形のおすすめは?

とはいえ、特に男の兄弟が多いご家庭の場合は、いくつも五月人形を用意するのは大変ですよね。その負担を減らすためにも、兄弟それぞれに五月人形を用意する場合は、コンパクトなものがおすすめです。

三段飾りや段飾りを始めとした五月人形は、それ自体がかなりスペースを取るものです。収納しておくのも場所を取って大変ですし、兄弟それぞれの五月人形を並べるとなると、飾る場所を確保するのも大変です。

そこで、1体目からコンパクトな五月人形をそれぞれ用意してあげることで、家計にも優しくスペースも節約できます。五月人形の大きさは「身代わり」の役割に影響しませんので、その意味でも気にすることなくお気に入りのものを探せるでしょう。特に、ふらここならコンパクトな五月人形をたくさんご用意しています!

ふらここおすすめ!コンパクトな五月人形を3体種類別に紹介

ふらここでは、コンパクトな五月人形をたくさん取り揃えています。ここでは、その中でも特におすすめなコンパクトタイプのお人形を3つご紹介します。

【大将飾】勇(T-0215)

商品名:勇(T-0215)
サイズ:横幅32cm×奥行24cm×高さ25cm(飾り付け時)
価 格:84,500円(税別)

~商品の特徴~

大きな瞳がかわいらしく、無垢で凛とすましたお顔立ちに安心感を覚える大将飾りです。菖蒲の葉は、古くは子どもたちが刀に見立てて遊んでいたことや、「勝負(しょうぶ)」と音が同じことから五月人形によく添えられるようになりました。手に持っている「菖蒲太刀(しょうぶだち)」は、端午の節句の観賞品として江戸時代後期にはより華美な造形となり、親しまれてきたものです。脇の花飾りとあわせ、菖蒲のようにまっすぐ丈夫な子に育つようにとの願いが込められています。また、ガラスケース入りのお人形であるため、小さなおこさんやペットがいるご家庭でも安心してお飾りいただけます。

https://gogatsu.furacoco.ne.jp/product/T-0215/

【兜飾】透彫火焔鍬形の兜(K-2205/収納タイプ)

商品名:透彫火焔鍬形の兜(K-2205/収納タイプ)
サイズ:横幅25cm×奥行19.5cm×高さ42cm(飾り付け時)
価 格:56,000円(税別)

~商品の特徴~

鍬形(くわがた)にほどこされた透(す)かし彫りの火焔(かえん)模様が華麗な兜飾りです。火焔は「邪悪なものを焼き尽くし、聖なるものに通じる」として、古来からさまざまな装飾に使われてきた縁起の良い模様です。純金の鍍金(めっき)で仕上げた、力強い兜です。兜後部には、春の新芽のような優しい2色の縅糸(おどしいと)をほどこし、若草色の袱紗(ふくさ)で上品にまとめました。飾り台に描かれたうさぎは、赤い目に魔除けの力が、飛び跳ねることに飛躍の意味があるとされ、神聖な生き物として上品に描かれています。趣があり、とてもおしゃれな兜飾りです。

https://gogatsu.furacoco.ne.jp/product/K-2205/

【鎧飾】縹裾濃糸縅の鎧(Y-3303)

商品名:縹裾濃糸縅の鎧(Y-3303)
サイズ:横幅30cm×奥行29cm×高さ31cm(飾り付け時)
価 格:99,500円(税別)

~商品の特徴~

鍬形(くわがた)に純金鍍金(じゅんきんめっき)をほどこし、縅糸には正絹、吹き返しや胴には鹿の皮を使用するなど、コンパクトタイプでありながら本格的な造りの鎧飾りです。鎧と兜の部分については、名匠・総州 英凛(そうしゅう えいりん)の作品です。脇の太刀と菖蒲飾りは、「邪気を払い子を守る」と古来より飾られてきて、魔よけの意味を持っています。屏風には金沢の高級手すき和紙を使用しており、さまざまなお部屋になじむよう暖かみのあるモダンなデザインとなっています。

https://gogatsu.furacoco.ne.jp/product/Y-3303/

五月人形は1人1体!複数必要な場合はコンパクトタイプがおすすめ

五月人形は「身代わり」や「厄除け」などの意味があることから、お下がりは使わず1人に1体用意してあげることが望ましいと言われています。次男・三男やそれ以降の男の子にも1体ずつ用意してあげるには、最初からコンパクトタイプの五月人形を選ぶのがおすすめです。ふらここでは、ご紹介したお人形以外にもさまざまなコンパクトタイプの五月人形を取り扱っています。気になった方は、ぜひHPやカタログをご覧ください。

ふらここの五月人形はこちら
https://gogatsu.furacoco.ne.jp/