ひな祭りって、何?

 

 

日本では古くから、季節の節目ごとにさまざまな年中行事が行なわれてきました。

お正月、節分、ひな祭り、端午の節句、夏祭り、お盆、お月見、

収穫祭…など、これらの行事を通して、子供たちは、

自然のうちにいろいろなことを学んでゆきます。

 

数ある年中行事の中で、『ひな祭り』は女性のお祭りとして、

非常に古い時代から続いてきた日本の代表的な伝統行事です。

 

このひな祭りの歴史は古く、平安時代の中頃(約1000年前)から始まりました。

その時代の人々は、3月の初めの巳の日に、無病息災を願って

お祓いをする行事を行なっていました。

陰陽師(おんみょうじ:天文、地相、人間などの吉凶を占う人)を呼んで、

天地の神に祈り、食物を供え、人形(ひとがた)に災いや凶事を託して

川や海に流すのです。

この風習は、今でも、各地の“流し雛”の行事にその面影を残しています。

 

そのころの宮廷の婦人や子どもたちの間では“ひいな遊び”という

遊びが行なわれていました。

 

紙で作った人形と、身のまわりの道具をまねた玩具で遊ぶもので、

いまの“ままごと遊び”のようなものです。

このことは、紫式部の「源氏物語」や、清少納言の「枕草子」の中にも

その記載が見られます。

 

無病息災のお祓いと“ひいな遊び”とが結びついて、“上巳(じょうみ)の節句”として

定着したのが、現在の『ひな祭り』の起源です。

 

上巳(じょうみ)とは3月最初の巳(み)の日のことをいいますが、

室町時代には、“上巳の節句”が3月3日に定着します。

そして、江戸時代の太平の世になると“上巳の節句”は女性のお祭りとして、

非常に盛んに行なわれるようになりました。

 

この頃のひな祭りは旧暦の3月3日に行なわれていましたので、

現在の4月上旬頃にあたります。

地域によっては、旧暦でひな祭りをお祝いする方もいらっしゃいますね。

 

桃は満開、よもぎも芽を伸ばし、蛤(はまぐり)もおいしくなる季節です。

日頃、休みなく働いている女性たちにとっては、何より楽しい季節の行事として、

また女性のお祭りとして、生活の中に根づいてゆきました。

 

そして江戸時代の中頃には、女の子の誕生を祝う“初節句”が

盛大に行なわれるようになり、ひな祭りは、日本独特の優美な行事として

現代に受け継がれてゆきます。

 

1年に1度、のびやかに育つわが娘の成長を確認しつつ、楽しく過ごすひな祭り。

 

平安の昔に始まり、長い歴史に培われ、今日に至るこの美しい伝統行事を、

いつまでも大切にしたいものですね。

 

 

 

端午の節句って、何?

 

 

日本では古くから、季節の節目ごとにさまざまな年中行事が行なわれてきました。

お正月、節分、ひな祭り、端午の節句、夏祭り、お盆、お月見、

穫祭…など、これらの行事を通して、子供たちは、

自然のうちにいろいろなことを学んでゆきます。

 

数ある年中行事の中で、『端午の節句』は災厄や病魔を祓う行事として、

非常に古い時代から続いてきた日本の代表的な伝統行事です。

 

端午の節句の歴史は古く、奈良時代(約1250年前)から始まりました。

この時代、朝廷では五月五日に菖蒲(しょうぶ)を飾り、

無病息災を祈る節会(せちえ)を行なっていました。

五月は、田植えの関係から、古来より非常に重要な月とされていました。

 

また、菖蒲には特別な力があると信じられており、

この菖蒲を目印として神をお迎えしたのが、

菖蒲飾りの始まりとされています。

 

平安時代には、邪気を祓う儀式としての

「騎射(うまゆみ:走る馬上から的に向けて矢を射る儀式)」が、

端午の節会に行なわれるようになります。

 

鎌倉時代の武家政治の世の中になると、朝廷での端午の節会の儀式は廃れましたが、

尚武(しょうぶ)の気風が強い武家社会では、菖蒲と尚武をかけて、

尚武の節日として端午の節句を祝うようになります。

菖蒲酒や菖蒲湯の風習もこの頃から始まりました。

 

江戸時代になると、人形(ひとがた)を形代(かたしろ:神が宿る対象)として

飾る民間信仰ともあいまって、端午の節句は民間でも盛んにまねられるようになります。

また、この頃から、町家では武者絵幟(むしゃえのぼり)や

鯉幟(こいのぼり)が立てられるようになります。

 

そして江戸時代の後期には、男の子の誕生を祝う“初節句”が

盛大に行なわれるようになり、現代に受け継がれています。

 

一年に一度、のびやかに育つわが子の成長を確認しつつ、

楽しく過ごす端午の節句。

奈良の昔に始まり、長い歴史に培われ、今日に至るこの美しい伝統行事を、

いつまでも大切にしたいものです。