こどもの日(端午の節句)の歴史は中国から?お祝い方法の意味も解説

5月5日のこどもの日は、兜(かぶと)や五月人形を飾ったりかしわ餅を食べたりして、お子さんの成長を祝って過ごすのが一般的です。しかし、なぜ兜や五月人形を飾るのか、「端午の節句」の意味は何なのかなど、こどもの日の歴史や意味についてあまり深く知らないという人もいるかもしれません。お子さんに歴史や意味を聞かれた時に、スムーズに答えられるようになっておきたいですよね。この記事では、こどもの日の歴史や意味、祝い方についてご紹介します。

続きを読む

五月人形の飾り方を解説!置く場所や各飾りの名称まとめ

毎年、5月5日の端午の節句をお祝いするために飾る五月人形。しかし、1年に1度のお祝いだと「毎年飾り方を忘れてしまう……」とお悩みの方もいらっしゃるのではないでしょうか。特に、初めて端午の節句を迎える場合、それぞれの飾りの名前も把握してしっかり飾りたいですよね。この記事では、五月人形の飾り方やおすすめの置き場所、各飾りの名称などを具体的にご紹介します。

続きを読む

兜飾りの飾り方を解説!鎧飾りとの違いや意味、各部位の名称もご紹介

5月5日の端午の節句には、お子さんの健やかな成長を願って五月人形を飾ります。五月人形には兜飾り(かぶとかざり)や鎧飾り(よろいかざり)などいくつか種類がありますが、兜飾りに興味があるけれど違いや飾り方をよく知らないという方もいらっしゃるのではないでしょうか?長く使う兜飾りを買うなら、事前によく役割や飾り方を知っておくとよいでしょう。この記事では、兜飾りの意味や各部位の名称、飾り方やふらここの兜飾りについて、具体的にご紹介します!

続きを読む

五月人形はいつから飾っていいの?片付ける時期やふらここのお人形の場合も解説!

お子さまの健やかな成長を祈って飾る、五月人形。端午の節句(こどもの日)をお祝いするのは5月5日と決まっていますが、五月人形は一体いつからいつまで飾ればよいのかご存じでしょうか?実は、飾るとタブーとされる時期もあるので注意が必要です。この記事では、五月人形を飾る時期に決まりはあるのか、決まりがあるならいつからいつまで飾ってよいのか、ふらここの五月人形の場合はどうか、などを具体的にご紹介します。

続きを読む

赤ちゃんのお顔のお人形

 

今まで、節句人形・・・雛人形や五月人形と言えば

「細面で大人びた、きれいなお顔」が定番でした。

きっと、そんなイメージが強い方も多いのではないでしょうか?

 

確かにきれいだけれど、きれいすぎて、幼心に少し怖く感じてしまった・・・

もしかしたら、そんな思い出がある方もいらっしゃるかもしれません。

続きを読む